不動産を賢く利用するために知識を付けることが重要

物件の種類

さまざまな物件の種類

賃貸住宅は、契約時に敷金と礼金、前家賃などの諸費用を支払、月々の家賃と数年おきに行う契約更新の際に更新料を支払うことで済み続けることができます。 ある程度安定した収入があれば利用することができ、契約者が学生など未就業の方でも保護者の方が契約することで利用可能となります。 物件は主にアパートやマンションなどの集合住宅となり、立地条件や設備内容、階層、部屋の広さや間取り、築年数によって家賃が決められ、利便性がよいものほど高くなっていきます。 中には分譲マンションを賃貸に出している物件もあり、分譲マンション特有の共有施設を利用することも可能です。 また、数は少ないですが一戸建ての賃貸物件もあり、世帯人数が多い方やルームシェアをされる方に人気があり、社宅用として企業が所有する物件もあります。

現在の賃貸物件の傾向

賃貸物件を利用される方の多くは学生などの単身者ですが、最近ではファミリー世帯の利用も増加傾向にあります。 賃貸は引越しがしやすく、転職により通勤先が変わったり、子供の誕生が生まれ家族構成が増えるなどライフスタイルの変化に柔軟に対応できるというメリットが一番の理由となります。 また、持ち家を買う資金が無い事や、物件を購入しても売却時に大幅に値下がるリスクへの懸念などの理由もあり、実際にマンションや一戸建てなどの持ち家を所有しても売却できなければそれだけ管理費や修繕積立費、固定資産税を支払っていかなくてはならないため、将来的な資産になるとは言えません。 それに対し賃貸住宅での生活は、収入に対して適切な家賃のものを選び、現金を貯蓄することで確実な資産を増やしていくことが可能となります。 こうしたメリットから賃貸生活を選択する方が増えています。