不動産を賢く利用するために知識を付けることが重要

費用を削減する

住宅ローンの賢い返済

住宅ローンの返済ができなくなった時には、債権者により以下のように手続きが行われます。 まず金融機関から督促状や催告書が届きます。ここで対応し、返済計画の練り直しなどを行えばまだ大丈夫ですが、無視をすることで次の段階に進みます。 期限の利益の喪失に基づき、ローンの一括返済請求が行われます。一括返済に応じれない場合は自宅を手放すしかありません。 さて、ここまで来ると後は競売か任意売却しかないでしょう。 何もしなければ強制的に裁判所により自宅は差し押さえられて競売にかけられますが、自ら動けば任意売却をすることも可能です。もしも立ち退きを待ってほしい、高値で売却したい、持ち出し費用を削減したいのなら任意売却をした方がいいでしょう。

任意売却物件を購入する

景気が低迷することで住宅ローン滞納者が増えますが、すると任意売却物件も増加してきます。 競売にて売却された物件は月に約7000件あるとされており、これは市場に流通する中古住宅の中の1割程度です。対して任意売却物件はそれよりも多いとされているので、かなりの方が任意売却にて住宅を売却しているのが分かりますね。 そして今、中古住宅を求める人の中で任意売却物件が注目されています。 というのも通常の中古物件よりも2割ほど安く買えるというのが人気の秘密のようで、また、競売とは異なり物件見学もできるので買い損じるリスクが少なく済みます。 もしも中古物件を探しているというのなら、お得な任意売却物件をチェックしてみてください。