不動産を賢く利用するために知識を付けることが重要

売却の流れ

相続不動産を売却する流れ

不動産を取得するケースとしては、マイホームや投資の為だけとは限りません。家族に万が一の事があった場合、親から子へ相続されるという場合があります。この場合は予測が難しい事も多いため、準備が出来ず相続税の支払いが出来ない事が考えられます。その場合は相続不動産売却を検討しなくてはいけません。その流れは、まず不動産を相続する被相続人を決めます。そして不動産の相続登記を行います。これを怠ると相続不動産売却が自由に出来なくなるからです。その後不動産業者と媒介契約を結び、所有権移転登記を行うという形です。相続不動産売却で取得した代金相続不動産売却を相続人で分配する際に、トラブルにならないように専門家を交えた協議を行う場合もあります。

相続不動産売却のタイミング

前述の流れが分かったからといって、すぐに相続不動産を売却することに踏み切ることが得策かといえばそうとも言えません。専門家や業者に丸投げではなく、その不動産に対する評価額を路線価などから知っておくことなどの準備を怠らないようにすることが重要です。例えば相続した不動産がアパートやマンションである場合、購入してから5年以内に売却すると短期譲渡と言って譲渡所得に対する税率が39%も上がるデメリットや、被相続人がその物件に居住することでの様々な税金に関する知識をいかに多く有しているかがポイントになります。相続の準備という言葉は適切ではないかもしれませんが、不動産という家族共有の財産を守るという意識は常に持つことが大切です。